みんなが快適に暮らすために

1. 引越しのマナー

引越し前の挨拶は2、3日前までに

いままでお世話になった人や近隣の人には、引越し2、3日前までに挨拶を済ませておきましょう。御礼の品は菓子、タオル、ビール券(500円〜2000円程度)などが一般的です。「長い間大変お世話になりました」と、御礼の言葉を添えて渡しましょう。 また、餞別を戴いた方へは、引越し後に礼状を添えて御礼の品を贈ります。遠方へ引っ越した場合は、その土地の特産品などがよろこばれるでしょう。

引越し先での挨拶は当日に

引越し先での挨拶まわりは、なるべく引越し当日の暗くなる前に済ませます。また、慌しくなりがちな夕食時は避けましょう。小さな子供がいる、共働きで日中は留守がち、夜勤がある、などの家庭事情は挨拶の中で予め伝えておきましょう。その後の近所づきあいがスムーズになります。手土産の品はタオル、石けんなど(500円〜1000円前後)実用的なものが喜ばれます。
家主様や管理人さんにも手土産を用意したほうがよいでしょう。先方が不在の場合は、できるだけ近日中に再訪しましょう。

このページの先頭へ