ドア

1. 玄関ドア

鍵を落とした、別の場所に忘れてきた


財布に鍵をいれておくと良い

普段から鍵を予備で持ち歩く(財布等に入れて)と良いのですが、ない場合はミニネットに連絡をしましょう。

支店一覧へ

このページの先頭へ

カギが回りにくくなった

鍵のギザギザの部分、ディンプルキーの場合凹んでいる部分を、鉛筆で黒く塗り鍵穴に何度か抜き差しを繰り返して下さい。絶対に潤滑油(CRC等)を使用しないでください。
*潤滑油を使用した場合、一時的は効果はありますが、時間が経過すると埃が付着しかえって回りにくくなります。
それでも廻りが悪いときは、ミニネットに連絡しましょう。


動画を見る

カギが回りにくくなった カギが回りにくくなった カギが回りにくくなった

支店一覧へ

このページの先頭へ

2. トイレ・お風呂のドア

内側から鍵がかかって開かなくなった

ドアノブ付近にねじがあり、そのねじにマイナスドラバーまたはコインを差し込み回すことで開ける事が出来ます。


動画を見る

トイレのドア トイレのドア トイレのドア

わからない場合、無理に開けようとしないでミニネットへ連絡をしましょう。

支店一覧へ

このページの先頭へ

3. ドアの動きが悪い


稀に壁面やドアが反ったりした影響、またはドアクローザーの故障などが考えられます。


こまったときの対処法

@ 開き戸の場合

必要なもの
・脚立(きゃたつ)
・プラスドライバー

ドアクローザー 速度調整図

ドアクローザーの吊本のネジが緩んだりするのは閉まるスピードが速すぎて、バタンと閉まる振動により少しずつ緩んでいくと考えられます。第二速度調整バルブを調整して下さい。(第一速度調整バルブとのバランスもあるので、あまり第二速度調整バルブを遅くし過ぎないで下さい)

上記の様に調整しても直らない場合は一度ミニネットに連絡してください。

 

A 引戸の場合

必要なもの
・プラスドライバー

引戸の場合

引き戸が床や扉どうしこすれて動きが悪くなった場合、まず扉を確認してみましょう。
扉の下部に調整ネジがついているものは簡単に調整できます。ネジを左右に回すことで、戸車が上下に動きますので、少しづつ動かしながら滑らかに開閉できる位置を探します。(建具によっては左右にも動かせる物もあります)

それでも動きが悪い場合、もしくは調整ネジがついていない場合は
ミニネットに連絡してください。

支店一覧へ

このページの先頭へ